走行中・駐車中どちらでも使えるドライブレコーダーが欲しい

ドライブレコーダーの需用が高まり、普及してきた影響なのか、1台2万円前後の価格帯でも多機能・高画質なドライブレコーダーが買えるようになってきました。そこで私もマイカーに導入しようと考えています。主な理由は、やはり事故の際に客観的な証拠映像になることです。

ドライブレコーダーで証拠映像を記録したい

ドライブレコーダーに期待する用途は、交通事故に巻き込まれた際に、証拠映像として使える事です。自分自身は安全運転を心がけていますが、周囲のドライバーは必ずしもマナーを遵守して走行しているワケではありません。煽られたり、乱暴な運転に顔をしかめる程度は日常茶飯事ですが、もし重大な事故に関わってしまったらシャレになりません。その状況を映像証拠として記録しておかないと、保険も含めて公正なジャッジを受けられない恐れがあると思うのです。従ってドライブレコーダーを導入したいのは、自分が被害者になっても泣き寝入りしない為だと言えます。

改めて言うまでもなく、最近のニュースでは悪質なドライバーが起こした重大事故が、車載カメラ・ドライブレコーダーの映像によって立件されるケースが増えています。もし事故当時の映像が残されていなくても、証言や状況証拠を頼りに捜査はしてもらえるでしょうが、事故の瞬間が正確に判定される保証はありません。ドライブレコーダーで記録しておけば、一目瞭然の視覚情報が残せます。これは非常に大きいです。個人的にはこうした理由でドライブレコーダーを買いたいので、重視する性能は画質(最近はフルHDが一般的になっています)です。後はできるだけ広角に撮影できるタイプのほうが、死角が少なくて役に立ちそうです。レジャー要素として再生が便利なタイプもあるようですが、それはあまり気にしていません。

駐車監視機能が優秀なほど役立つ

車両事故の証拠映像を残す意味では、”駐車監視機能”が充実した製品がいいなと思います。ドライブレコーダーが効果を発揮するのは、自分がシートに座って運転している最中だけとは限りません。むしろ店に立ち寄る時など、駐車場にクルマを停めて、目を離している時のほうがドライブレコーダーに頼りたい場面だと言えます。当て逃げされても、映像でナンバー・車種やドライバーの特徴などから特定するチャンスが飛躍的に増えるし、車上荒らしなど極めて犯罪性の高いケースでも重要な情報となります。警察に連絡し捜査してもらう場合には、ドライブレコーダーの映像から得られる情報が有力な手がかりになります。

駐車監視機能には幾つかのタイプがあるそうです。車体に衝撃を受けてからカメラが作動するタイプ、常に撮影しながら衝撃を受けた前後の時間だけが自動的に保存されるタイプなどです。中には動態感知と呼ばれる、動く物体に反応して撮影するタイプもあるそうです。ドライブレコーダーの性質上、動画を無制限にストックするのは無理なので、駐車監視機能のスペックもコストパフォーマンスと相談して決めることになりそうです。基本的には走行中と同様で、より高画質でなおかつ広角に撮影できる機種を探したいと思っています。これからドライブレコーダー搭載が常識になれば、それが抑止力になって、無謀な運転をする人も減ってくれるのではと期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ